Entry: main  << >>
剛力招来!でサナギマン、超力招来!でイナズマン

 「強力招来」、という説もあります。

1973年の「イナズマン」。
前回書いた「キカイダー」につづいて
伴大介氏(イナズマン主演時伴直哉に改名)が主役で
石ノ森章太郎原作ではキカイダーとの世界観が共有されているらしい、
制作側もよりグレードアップを目指した新ヒーローと
位置づけていたようです。
今回はロボットではなく、エスパー、つまり超能力者による
正義と悪の対決、がポイントで、
悪の組織はファントム軍団。
彼等と平和のために戦う超能力を持つ少年少女が「少年同盟」として
組織化しているのも物語初期の重要ポイント、
超能力者は「ミュータント」と呼ばれるのですが
この当時超能力ブームで「スプーン曲げ」「予知能力」「透視」など
時代のキーワードだったのですね。
ただ同様の超能力もののヒット作「バビル2世」がアニメで
こうした超能力描写に長けていたと言えるのに対して
実写特撮では映像表現に限界がある。
アニメ合成なども駆使して何とか神秘性を演出しようとしてましたが
結局専用万能カー、「ライジンゴー」が目立ってしまったり、
割と従来のヒーローアクションと差別化し切れていない所が惜しい。

そこが味にはなってますが。

しかしイナズマン、もうひとつ注目すべき点が、
二段変身です。
イナズマンこと渡五郎の超能力では一気にイナズマンになれず、
一度「サナギマン」に変身してパワーを吸収しなければならない。

「ゴーリキショーライ!」でサナギマン

「チョーリキショーライ!」でイナズマン晴れて変身。

この2段変身があるおかげで子供たちはサナギマン状態をハラハラしながら
観るカタルシスを得る訳ですが、サナギマン、ヒーローとは言いがたい
ブヨブヨぶりが泣けます(笑)殴られ、蹴られ、パワーを溜め
モチーフである「蝶のように」ではなく
表皮が爆発しイナズマンへ変身できるのです。

敵キャラも周辺人物もご丁寧に「サナギマン」「イナズマン」呼び分けてます。

おそらくキカイダーよりも対象年齢は高めに設定されていたようで、
次第に人間ドラマ、凝った作劇により個々のエピソードは面白いです。
設定としての「少年同盟」は次第に無実化してしまい、
しかも途中で大幅に路線変更されるのです。(視聴率低迷が原因だといいます)

「イナズマンF」となりファントム軍団を崩壊させた新たな悪の組織、
デスパー軍団がより重厚なロボット戦士を軸とした破壊活動を開始。
渡五郎以外の出演者が全ていなくなり、
代わりにインターポール(ICPO:国際刑事警察機構)のおっさん刑事、
荒井誠が登場し二人だけでデスパー軍団と戦うハードボイルドな
ストーリーとなります。
デスパー軍団はいずこかに実験都市「デスパーシティ」なるディストピア
建設しておりサイボーグ化された人間達を住まわせ服従させている。
次第に明らかになるその全貌、毎エピソードごとに美人女優が
ゲストとして登場し、大半が悲劇のヒロインとして命を散らします。

より高年齢層へアピールした、結果視聴率は上がらず・・・だそうです。

超能力戦の描写よりも格闘アクション中心になり明らかに路線変更されたとはいえ、
前半後半だれた作劇など微塵も無く、結構力作だと思います。
主題歌も変わり(前半が子門真人、後半がヒデ夕樹)
二度美味しい二段変身のヒーロー、イナズマンでした。

| 永井 Lee(lee-sewing) | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:56 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

SEWINGMACHINE HP

NagaiLeeTwitter

Lee,Jun&Tincan Facebook

Lee,Jun&Tincan

Facebookページも宣伝

Link

Sponsored Links

Recommend

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode