Page: 1/1   
自由が丘Mardi-Gras 御礼!そして…
JUGEMテーマ:日記・一般

「Seasons of grass」

つぎのきせつよはやくこい
なぜこのふうけいは かわらないのか
きせつはちからではかわらない
きせつがかわれば こころもかわる
あおあおとしたくさのいろも
はながさくそのいろすらも
きょねんとはおなじにはもうみえない
かわらぬようにまもってきたもの
これからもまもろうとおもうもの
きせつがめぐるたびまたおもう
そこにたてばまたおもう


/_/_/_/


今日であの大震災と事故の日から4年。
もう4年、いや、4年とはやはり長い時間だと思う。
歳をとり、普通に成長したり衰えたりを感じるに
充分な月日ではあるまいか。
とはいえ、私個人はあまり変わることができていない、
あの日以降、もっとやるべきことに向けて一心に向かわねば
いけないと、もっと日々一歩一歩、という気持ちを
持とうと思ったのではあるまいか。
この日が来る度に、思いだそうと決めたのです。
忘れる事が出来ればよいのかも知れない、この日のこと。
でも、多くの人にとって、私のような日になっているのでは
ないだろうか。

2015.3.11 14:46 〜黙祷〜



先日の日曜日、
自由が丘マルディグラさんで
2マンライブを企画してくれた、
半ペコのなだのきさんが、半ペコの演奏前に、
好きな音楽を演奏して、それを聴いてくれる方が集まって
このような時間を一緒に楽しめる、我々は本当に恵まれている、
というようなことを話していて、本当にそうだな、と
改めて感謝する次第です。なだのきさんは3.11のことをひいたわけでは
なかったけど、言外にその場に居た人たちには伝わるメッセージで
あったと思います。

で、実際底抜けに楽しい一日でした。


(アングルが悪くて手だけ登場のJun氏)

我々Lee,Jun&Tincanも久々の演奏機会ということもあって
大分力が入ったかと思います。

珍しくJunが弦を切ったり、私のお立ち台芸がおかしなことになったり(笑)
どれもしたくてしたことではないハプニングなのですが
そういうことも我々の演奏のひとつの要素というか。常に
何かが起こるピンと張ったものが張れてきているのかも知れない。

半ペコさんの演奏聴くともう揺らいじゃって、もっといい演奏にしたい!
と思い返すことになるのですがー


半ペコはエレクトリックかつロックな編成ののペコに対して
アコースティックかつ素朴な音響の編成なのですが
スティールパンと生ピアノの絡みがぐいぐいときて
ジャンベと生ギターで作るグルーヴに乗って鮮やか過ぎる色彩が
もう見事。シンプルな歌詞のレスポンスで盛り上がってゆく妙。



ピアノの田中さんと、私の共通の知り合い、ということが
判明したコブラツイスト&シャウトのハードボイルドなサックスプレイヤー
宮坂さんが遊びにきてくださって、2曲ほど半ペコさんにジョイント!

宮坂さんは私が某大学で最初のバンド活動参加したときにご一緒して、
それからのご縁。田中さんは宮坂さんの大学の先輩なのだそうです!
学生時代からの様々な思い出やらネタやら(笑)語らいにも花が咲きまして。
なんだか感無量でした。こんな日が来るとはな〜

そのあと、打ち上げの楽しくエンドレスなこと(笑)
話しているうちにあそこでつながってた、とかあのとき同じ場所にいた、
とかいろいろと判明したりバンド人生を語り合ったり〜

長々とおつきあいくださったみなさま、本当にありがとうございました!
ぜひまた、こんな時間が過ごせることを願いまして。

半ペコのみなさま、マルディグラのみなさま、足
を運んでくださったみなさん、
本当にありがとうございました。

 
| 永井 Lee(lee-sewing) | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「フィラメント」
JUGEMテーマ:日記・一般

「フィラメント」

長く伸びた一本道の途中に

本当はもう一度行けたらと思う

路地があったと記憶しています

一本道はすぐに分かるのですが

長くそこを歩いてみても

路地を見つけることは出来なかった

これは夢で見たことなのか

何かの映画のワンシーンだったのか

路地を抜けた先のことも

実は記憶の中にあるのです

提灯を下げた民家の軒先を

吠える犬を避けながら抜けるのです

そうして突き当たる用水路の側を

下るに任せて降りてゆくのですが

ちょっとした段々畑がひらけると

まるで別の世界の街のような

屋根や壁の色がひらひらと踊る

坂道を下り降りる風景に辿り着くのです

ああもう何歩も踏み出せばその坂道に

足をかけることができると思うのに

何故か知らないがゆっくりとしか歩めず

歩めないまま日が一段、一段と陰ってゆくのです

昼下がりのときめいた胸が一種の焦りへと

心がやはり陰ってゆくのを私は悲しく思い

持っていたペットボトルから乾いた喉を潤すと

残りを段々畑の傍らの雑草の茂みに振りかけました

茂みに届かない滴は褪せた道の凹凸に沿って

まるでフィラメントのように垂れて流れてゆきます

私が辿り着けないあの目の前の坂道の始まりへと

私をおいて静かに流れてゆきます

水の流れは一向に途切れることなくつづき

坂道はおろか馴染みのない家々の縁石や

玄関前に出されている牛乳瓶を舐めるように

湿らせてゆくのです
 
| 永井 Lee(lee-sewing) | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「おぼろげなもの」
JUGEMテーマ:日記・一般

「おぼろなもの」

万象

偶成

鬼と修羅 辻に立つ

交差 孤高 闇に住む


和達(わだち)の虚ろいにひとり紛れ

合図らしきものを受け取る

始まりのような 終わり

散りて尚 生き延びる


彼女は言った 時間(とき)は戻せると

路傍に落ちた 伝承を知るならば


とりかえしのつかないことが重なり

土鬼(ドルク)の群れと共に砕け散る


打ちつける夢のあられに溺れる蝶

溶け出した呪詛(じゅそ)と祈り


万象

偶成

噂から霞立つ

風雅 本質はそこになく
 

おぼろなもの 何かの変わりですらなく

問われても答えず

そこに在り続ける


始まりのように 終わる

散りて尚 生き延びる




>ゝ< >ゝ< >ゝ< >ゝ< >ゝ< 

今日はグランドクロスの三分の一にも満たないが
金星・月・木星が縦に並んで見える日でした。

月は大分眠そうでしたし

木星は暗赤色で奥床しい輝きではありましたが。

それでも神秘的でした。


ではではおやすみ。
| 永井 Lee(lee-sewing) | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
少々身辺整理・・・
JUGEMテーマ:日記・一般 

非常に久々に平日の休みでしたので
細々たまっていたものを整理することに。

結構よい天気でしたけどね。

リサイクルゴミ、牛乳パックだとかガラス瓶だとか
食品トレーだとか台所占拠していたものを一気に捨てました。

それから住所録。今風に言うとアドレスブックであり、
Macの中にあるのですが、

無効になっているアドレスやHPのURLなどをチェック。


古い友人や長らく逢っていない知人。

もうこちらからは連絡する手段の無い方も
結構います。

結婚されて、東京を離れた方も、
お子さんが何人もできた方も
ここ数年でグッと増えたな。

素晴らしいことです。

最近お子さんを授かった、という方もいて
直接あったりする機会は無くなるかもしれませんが
たまにハガキなどのやり取りでああ、お元気そうだな、
忙しいそうだな、とほっこりする訳です。

ワタクシめはそういう意味であまりお変わりないですな。
仕事の合間に割とミニマルな音楽活動をしている。

やっている事の幅は年々狭まっている。
思考も嗜好も指向も収束しつつあります。
ワタクシめは自然な事だと思います。
収束したなかで密度が濃くなっていれば・・・
家庭を持っている方の生活はそれだけで濃いですものね。


=・=・=・=・=・=

「風景」

燦々と愁い
朗々とむせぶ
途切れかかる糸が
次の恋をためらわせる

ここから見える
防波堤までの橋
小さな人影が
突端にたどり着いた

空は冴え
雲は流れ
枝葉はしなう
風は気圧線を描く

弧を描き
立ち上る
神話のような光が
目の前に溢れ出す

誰のために転々
何のために流々


点と線の集まり
重なり合う形
奥行きが希薄になり
一枚の風景になる

僕たちはそこに
ひとつひとつ置かれている
人生は続けるのではない
つづくのだから

きみの声
きみの歌
きみの過ち
きみはそこにいる

弧を描き、立ち上る
神話のような光が
目の前に溢れ出す


=・=・=・=・=・=


今日は揚げ物三昧、コロッケ買ってきちゃいましたよ。
そのあとは 3月のトリオの宣伝DMの宛名書き。
そのための住所録整理でもあったのですよ。り


| 永井 Lee(lee-sewing) | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日は雪・・・みぞれ・・・
JUGEMテーマ:日記・一般

 「魔法をかけて」


何となく切り出した

覚えたての星の話に

君が虜になるように

魔法をかけて


少しだけあやふやな

星座の位置を確かめようと

何度も星の名を呼んだ

魔法のように



乾いた夜空を見上げたら

気が遠くなる大パノラマで

離れ離れの星が

いつか触れ合う


やるせない気にさせた

軌道を外れたあの時の

君が思い出語り出す

涙がにじむ



微かにまたたく星の名が

最後の魔法の

無くした欠片(かけら)

またやってくる

箒星のように

思い出せるさ


ハレー

シューメーカー

百武(ひゃくたけ)

ヘール・ボップ


・・・

・・・


君に魔法をかけるのは

これが最後



・・・・・


明日の祝日(建国記念の日)は

毎年小田原ディジュミーとして参加している保育園のバザーへ。


朝から雪景色になりそうですね。

去年も天気はそんなだったけど

非常に笑顔の多いバザーで元気をいただきます。


そんな、年に1回の、ひとときにだけ再会する人たちがいて。


毎日パーティみたいな時間を過ごしていたらこのような年1回の時間を

愛おしいとは思わないでしょう。



・・・・・


地上波8chの「外交官」のドラマは久しぶりに重厚な作りですね。

でも最近ハマっているドラマはこれです。

「ロボット刑事」

新城刑事、K、芝刑事。

石ノ森章太郎原作ですがこれに限っては手塚作品ぽい。

ロボットと人間の共存、ロボットの性格描写など

地味に丁寧に描かれている。つまり「アトム」の世界観に通じる。


で、Kの振る舞いに癒されるんだよなあ。

ワタクシめ、疲れてるんだなあ。

明日は早いのでもう寝ます。り

| 永井 Lee(lee-sewing) | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スローなブルースがいい
JUGEMテーマ:日記・一般 

今にも止まりそうになるぐらい

スローなブルースがいい

1小節にひとつかふたつ

次の音が来るのをじっと待つような

そんなスローなブルースがいい



"Idle Moment"

"Stolen Moments"

"When the Seasons Change"


・・・



元連合赤軍、永田洋子死刑囚獄死―


このニュース、何とも複雑な、不思議な気持ちにさせられます。


「紙一重」

若さ故か、境遇や抑圧に対してか、

思想や大義なるものに狂信的に、盲目的に

なってしまう、そういう人間は意外と身近にもいる。

「金儲け」富や財産への執心も含めば。


熱狂、をはらんだ人間の恐さ。

団体に身を置く人間の恐ろしさ。

底知れなさ。


「不安」は今も世界を覆っている。ただ、忘れることができたら。


世界はみんなのものなのか?

それとも誰のものでもないのか?


正直に言うとワタクシめの中にも

ある種の暴力衝動がない、とは言い切れないのです。


煙草

自転車

掲示板に見るくだらないレス


最低限のマナーを守れない他人の行為に見るに付け

むかっ腹を立てずには

実は居られない。


それを実際には表に出す事は無い。

自分が誰かを不快にさせていないとは

言い切れないから。


人に振り下ろした刃は必ず自分に還ってくる。


・・・


大相撲春場所は開催中止、が宣言された。


とりあえず(現時点で)疑惑の持たれていない関取や角界関係者は

一様に残念です、口を揃えているのですが下手なことは言えない、

空気がみてとれる。

特別調査委員会は徹底捜査を完遂するには

1〜2ヵ月かかるといいます。

「膿を完全に出すまでは」といいますが

多分大相撲が昔のような熱気を取り戻すには

もっともっと時間がかかるんでしょう。

巡業がなくなっちゃうんじゃ取組を観てもらってナンボの

関取たちがどんどん萎んでしまうのでは・・・?

悪かろうが何だろうが生身のぶつかり合いこそが

大相撲の醍醐味なんだと思いますので

早く再開していただくことを願います。



いや、スローブルースがいいのです。



| 永井 Lee(lee-sewing) | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「風景」
JUGEMテーマ:日記・一般


「風景」


燦々と愁い

朗々とむせぶ

途切れかかる糸が

次の恋をためらわせる


ここから見える

防波堤までの橋

小さな人影が

突端にたどり着いた


空は冴え

雲は流れ

枝葉はしなう

風は気圧線を描く


弧を描き

立ち上る

神話のような光が

目の前に溢れ出す


誰のために転々

何のために流々



点と線の集まり

重なり合う形

奥行きが希薄になり

一枚の風景になる


僕たちはそこに

ひとつひとつ置かれている

人生は続けるのではない

つづくのだから


きみの声

きみの歌

きみの過ち

きみはそこにいる


弧を描き、立ち上る

神話のような光が

目の前に溢れ出す





| 永井 Lee(lee-sewing) | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ピノキーオ」
 「ピノキーオ」


百円ショップに並ぶような

安物素材で暇潰し

そうして出来た人型に

芽生えてしまう魂が


He has a rambling heart.

He's Ready-made.



だって生まれてくることは

誰も望んだ訳じゃない

この世界には何がある?

教えてやるような義理は無い


He has a rambling heart.

He's Ready-made.



気味が悪いと捨てられて

ビー玉みたいな眼で泣いた

人間なんかになるものか

人目を避けてさまよえば


He has a rambling heart.

He's Ready-made.


奴には伸びる鼻は無い

欺く相手もいないもの

ひたすら孤独が押し寄せる

そこにいるしかできないの


He has a rambling heart.

He's Ready-made.




「人造人間キカイダー」の石ノ森章太郎氏の原作は
児童文学「ピノキオ」を下敷きにした物語となっていることは
よく知られているところです。不完全な良心回路を持ちながら、
人間になりたいと苦悩する姿。TV特撮ドラマ版では完全なロボットに
なることを拒否するジローは良心回路を完全なものにする改造手術を
再三拒みます。それにより窮地に陥るのですが。

人間そのものが全知全能ではなく極めて不安定で弱いものであるにも
かかわらず。
人が人を思いやる心とて、完全ではない。
人を信じる心とて同じ。
だから強くなりたいと思う。
信じてはもらえないかも知れないけど。

美しく、力強いこと。
心地よく、やさしいこと。
真っすぐで、正しいこと。

だけを見て生きていこう。他のことには目をつぶろう。

そんなことはできませんよね。
視界に入ったり、耳にしたりする全てのことを
無視して生きるわけにはいかないのですから。

無視できる強さ、は強さではない。保身だ。

いつまでも弱い人間でいたいものだ。

「永遠のファースト・アルバム」
アル・クーパー。「自由の女神」になってしまう。
それまでのブルース・プロジェクトだとかブラッド・スウェット&ティアーズとか
編集感覚を発揮した活動を経て堂々のソロ活動を始めるにあたり
このジャケットですから文句の点けようが無い。
この人よく歌がもっとうまければ、と言われてきましたが
一級のソウルやカントリー・ロックなどをフニャフニャと歌い倒すことで
新たな価値観で楽曲を提示した、先駆ともいえる人。
本格派なのに本格じゃない切り口というか。
テクノだとかヒップホップには目もくれませんでしたけどね。
2nd「孤独の世界」がワタクシめのマスト。

シカゴ・トランジット・オーソリティ、というのが正式名称。
1960年代末のブラス・ロック旋風の代表格。
初期は左翼政治的な主張を強く歌詞にも反映させてましたっけ。
ブラック・パワーやフラワー・パワー、当時のトレンドではあったのですが
フリー・ジャズ的突破口へのアプローチ、ラテン的躍動もこのバンドは
内包していた訳で懐の深いサウンドをアルバム2枚組で姪一杯展開。
テリー・キャスの火の出るようなギターソロ。ホーン隊の切れ味。
一方でピーター・セテラのポップ指向と、風呂敷は広げれば広げるほどよい、
珍しいバンドだと思う。

「銀色の声」ジェームス・テイラーの1stは渡英してレコーディングされ、
アップルから発売されたこれでした。だからといって
テイラー節は全く最初っから変わりがない。
名ギタリストとしての個性はあまり伺えないもののソフトロックぽい
サウンドと相性が悪い訳が無く、このアルバム大好きです。
しかし安直なジャケだなあ。決めてくれてますけどね。

| 永井 Lee(lee-sewing) | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空想の自由
JUGEMテーマ:日記・一般


公園の遊具の木馬の足元の砂をいじりながらの子供の会話。
「ハリーポッターとバイキンマンはたたかったことがある」そうな。
自由だなあ。そのこはバイキンマンがひいきなようでバイキンマンが幾多の強敵とたたかった戦歴を述べ続けていました。
想像してみるけどどっちの世界のイメージも完成されていて染み付いているからうまく戦わせることができない。
ああ、大人とは不自由なり。もぐら・・・?
| 永井 Lee(lee-sewing) | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

SEWINGMACHINE HP

NagaiLeeTwitter

Lee,Jun&Tincan Facebook

Lee,Jun&Tincan

Facebookページも宣伝

Link

Sponsored Links

Recommend

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode